SBI証券とTポイント・ジャパンは業務提携契約を締結し、7月20日からSBI証券に「Tポイントサービス」を導入する。投資信託の買付代金に最低1ポイントからTポイントが使える「Tポイント投資」が可能になるほか、国内株式現物の取引などに応じて「Tポイント」が貯まる。

SBI証券でTポイント投資がスタート

 「Tポイント投資」の対象サービスは、金額指定の買付で、1ポイントあたり1円相当として使える(積立買付、口数買付、ジュニアNISA口座における買付は対象外)。利用可能ポイントは、共通ポイントのTポイントとSBI証券のみ使える「期間固定Tポイント」で、利用上限は設けない。

 また、国内株式現物取引で「スタンダードプラン」「PTS取引」の月間合計手数料の1.1%相当、投資信託取引で対象投資信託の月間平均保有額が1000万円未満の場合は年率0.1%相当、1000万円以上の場合は年率0.2%相当、金・プラチナ取引でスポット取引や積立買付の月間合計手数料の1.0%相当、国内株式入庫で1回あたり100ポイントのTポイントをそれぞれ付与する。ほかにも、新規口座開設者には100ポイントの期間固定Tポイントをプレゼントするなど、各種キャンペーンを実施する。

 SBI証券は「Tポイントサービス」導入を記念し、3つのTポイントプレゼントキャンペーンを実施する予定。詳細は7月上旬にWebサイトで告知する。