NTTドコモは6月24日に、dポイントを利用して投資体験できる「ポイント投資」で、運用したいテーマを選んでポイント投資が可能な「テーマ運用」の提供を開始する。また、7月1日からはお金のデザインが提供する資産運用サービス「THEO+(テオプラス) docomo」を、利用状況に応じて手数料を最大35%割り引く新たな料金体系に刷新する。

「テーマ運用」で選択可能なテーマの一覧

 「ポイント投資」では、目指すリターンによって「アクティブ」と「バランス」から選べる「おまかせ運用」を提供しているが、新たに提供する「テーマ運用」では、「コミュニケーション」「ヘルスケア」「生活必需品」「日経225」「新興国」の5つのテーマから選んで運用できる。投資したポイントは選択したテーマに対応するETF(上場投資信託)に連動して日々変動する。
 
利用フロー

 「THEO Color Palette」と命名された「THEO+ docomo」の新料金体系は、「dカード GOLD」の契約状況や「おつり積立」機能の設定、積立、出金の実績とカラー基準額といった利用状況に応じて「カラー」を決定し、カラーに応じて通常1.0%の手数料を最大0.65%まで引き下げる。
 
カラーごとの手数料

 カラーの判定期間は、4月・5月・6月、7月・8月・9月、10月・11月・12月、1月・2月・3月の4期間で、適用期間は各カラー判定期間最終月の翌々月から3か月間。新手数料の適用期間は2019年11月から。
 

 カラー判定期間中に「毎月積立している」「出金していない」「カラー判定期間の初月末までに『dカード GOLD』に入会し、最終月末時点で会員である」「毎月『dカード GOLD』でおつり積立をしている」の全ての条件を満たす場合は、ブルー・グリーン・イエロー・レッドのいずれかのカラーを適用する。条件を満たさない場合は、次回のカラーはホワイトとなり、手数料の割引はない。