ドン・キホーテ(ドンキ)は4月18日、予防ヘルスケア×AIテクノロジーに特化したヘルステックベンチャーのFiNC Technologies(FiNC)とコラボレーションしたオリジナル商品の第2弾として、飲むタイプのギリシャヨーグルト「TAKE GReek(テイク グリーク)」を発表した。同日、全国のドンキでプライベートブランド「情熱価格 PLUS」から発売する。税別価格は158円。

ドンキ×FiNCのコラボ商品第2弾「TAKE GReek(テイク グリーク)」

 両社は3月20日に共同企画したオリジナル商品の第1弾として、プライベートブランド「情熱価格」から、FiNCが運営するスマートフォン向けヘルスケアプラットフォームアプリ「FiNC」の女性アンバサーの声を取り入れたスポーツウエアを発売。スポーツウエアが日常生活に活用されているというユーザーのニーズに応えた。
 
共同開発の第1弾として3月20日に発売した、
FiNC女性アンバサーの声を取り入れたスポーツウエア

 TAKE GReekは、手軽にタンパク質を摂取したいという健康志向の高まりを受けて開発した。ドンキの女性プロジェクトメンバーとFiNCアンバサダーが協議を重ね。酸味が少なくクリーミーな味わいで、タンパク質とカルシウムを摂取できるギリシャヨーグルトに着目。スプーンなしで手軽に食べられるように飲むタイプとして商品化した。

 1本あたりのタンパク質量は訳10.0g。脂肪0(脂質0.5g未満/100g)。生きたまま腸まで届くビフィズス菌BB-12も含まれている。香料・安定剤は不使用。

 発売を記念して、アプリのFiNCでキャンペーンを開催。アプリ内で設定されたミッションをクリアしたユーザーの中から抽選で100人に「電子ギフト券1000円分」をプレゼントする。
 
ヘルスケアプラットフォームアプリ「FiNC」

 ミッションはオリジナル記事や特設サイトへのアクセス、フィットネス動画の視聴など、手軽にこなせるものになっている。期間は5月17日まで。