パナソニックは、衣類スチーマー「NI-FS750」「NI-FS550」の2機種を4月20日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は、NI-FS750が1万4000円前後、NI-FS550が1万2000円前後。

使用イメージ

 NI-FS750は、タンク容量を従来製品の2倍となる約100mLにアップして約8分の連続スチームを可能にした。約100mLの水が入った状態でも腕への負担を抑えて使いやすくするため、本体の形状を大幅に改善。本体高さを約2cm低くして、さらに重心の位置を本体の中心に近づけ低重心化することで、使用時のバランスを良化している。

 また、2機種とも立ち上がり時間約24秒や360°スチームなど、従来製品で好評だった機能をそのままに、脱臭効果として「生乾き臭」「ペット臭」を新たに追加。「タバコ臭」「飲食臭」「汗臭」「防虫剤臭」「加齢臭」と合わせて、七つの気になるにおいに対応している。パナソニックでは、月産台数として、NI-FS750で2万台、NI-FS550で2万台、合わせて4万台を見込んでいる。