スウェーデンの空気清浄機ブランド「Blueair(ブルーエア)」の販売代理店であるセールス・オンデマンドは3月12日、同社初となる車載用空気清浄機「Blueair Cabin(キャビン)」の販売を3月15日に開始すると発表した。

同社初の車載用空気清浄機「Blueair Cabin(キャビン)」

 家庭用のBlueairと同じく独自の「HEPASilentテクノロジー」を搭載し、中型車が最速3分、SUV車が最速5分で車特有の有害物質やアレル物質を99%除去することができる。

 車内の空気状態は、コントローラーのLEDでリアルタイムで可視化。きれいな場合が青色、汚れている場合がオレンジ色に点灯する。専用アプリを利用すれば、詳細に空気の状態を確認することができる。

 本体は、ヘッドレストに取付ベルトを巻きつけて装着する。操作は、コントローラーを回すだけで、風量(低速・中速・高速)やオートモードの切り替えが可能。面倒な設定も必要ない。

 車両サイズに合わせた2モデルをラインアップし、公式ストア税別価格は、3~4平方メートルのセダンやハッチバックで推奨する「Blueair Cabin P2i」が2万9000円、5~7平方メートルのSUVやミニバンで推奨する「Blueair Cabin P2iD」が4万8000円、Blueair Cabin専用フィルターが4000円。