ベンキュージャパンは2月26日、東京・品川で会見を開き、プロジェクターの新製品を発表した。4K UHD HDR10対応のホームシアタープロジェクター「HT3550」を4月19日に、スマートフォンやタブレット端末と連携するポータブルLEDプロジェクター「GV1」を3月26日に発売する。

作り手が意図した色を再現する4Kホームプロジェクター「HT3550」

 発表会に登壇した同社の菊地正志社長は、「家庭用のプロジェクターに求められる性能は、家族で大画面で迫力ある映像を楽しめること。そして、コンテンツの作り手が意図する映像をいかに家庭で再現できるかが大切」と述べた。
 
ベンキュージャパンの菊地正志社長

 HT3550の特徴は2点。まず、投射距離が比較的短い4K対応プロジェクターであること。例えば、60型の投射距離は約1.48~1.95m、100型では約2.5~3.28mとなっている。画面サイズは最大300型。広々とした空間がなくても、大画面を楽しむことができる。もう一つは、作り手が思い描いた通りの色味を再現する「CinematicColor」。暗いシーンでは細部をはっきりと映し出し、明るいシーンでは黒浮きを防止する。

 GV1は、Wi-FiやBluetooth、USB-Cでスマホやタブレット端末と接続して、映画や動画配信サービスなどを楽しめる製品。スピーカーを搭載しているほか、3時間もつバッテリーを内蔵しており、持ち運んで使うこともできる。また、自動台形補正機能を備えており、15度まで角度が付けられるチルトヒンジで投射角度を変更しても画面は正方形で映す。
 
ポータブルLEDプロジェクター「GV1」

 HT3550は、輝度が2000ルーメンで光源寿命が標準で4000時間、税込の実勢価格が20万円前後。GV1は、輝度が200ルーメンで光源寿命が2万時間、税込の実勢価格が4万3000円前後としている。