富士フイルムは2月13日、同社初のプロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発表した。価格はオープンで、4月に発売する。

富士フイルム初のプロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」

 特徴は、カメラ事業で培った光学技術を生かして開発した、本体を動かさずにレンズの回転だけでさまざまな方向に映像を投射できる世界初の「屈曲型二軸回転機構レンズ」。壁やスクリーンだけでなく、天井や床などにも映像を映し出すことができるほか、映像の向きを縦と横に簡単に切り替えることもできる。
 
縦置きと横置きのイメージ

 超短焦点レンズとレーザー光源を搭載し、75cmの至近距離から100インチの大画面に明るく鮮明な映像を投射することができるのも強みだ。長方形のコンパクト設計の本体は縦置き・横置きの両方に対応。限られたスペースで利用したいという市場のニーズに応える。