ポラール・エレクトロ・ジャパンは2019年春に、心拍数をより正確に計測できる2色LEDと複数センサーを統合した「Polar Precision Primeセンサー」を搭載した軽量マルチスポーツウォッチ「Polar Vantage M(ポラール ヴァンテージ エム)」を発売する。カラーは、ブラック、ホワイト、レッドの3色。

Polar Vantage M

 パフォーマンスの向上を目的に、日々のトレーニングを行っているユーザー向けに機能を厳選し、手頃な価格に抑えた。24時間心拍計測や活動量計、高精度GPSといった基本的な機能に加え、最上位機種「Vantege V」に搭載した新機能の一部も利用できる。また、「Vantege V」に比べ約30%軽く、厚さも0.5mm薄い12.5mmなので装着感が向上した。

 詳細な身体への負荷を確認可能で、オーバートレーニングを防げる、トレーニング負荷の分析機能「トレーニング負荷 Pro」、睡眠時の状況を計測する「Polar Sleep Plus」、ランニングプログラム作成機能などを搭載する。iOS、Androidを搭載したスマートフォンとのデータ連携も可能。サイズは幅46.0×高さ46.0×奥行き12.5mmで、重さは45g。

 税別価格は、本体が3万7800円、3色のスタンダードカラーの交換ベルトは3980円。リサイクルプラスチックを使用した繊布形状の交換ベルトも用意し、税別価格はホワイト、オレンジ、ペトロールの3色とも4980円。なお、交換ベルトはオンラインショップShop Polarのみの限定販売。