Appleは1月25日から、Mac App Storeで、マイクロソフトの統合オフィスソフト「Microsoft Office 365」の取り扱いを開始した。

「Office 365」をMac App Storeで配信

 WindowsでおなじみのWord、Outlook、Excel、PowerPointなどを従来より簡単にダウンロードできようになり、アプリケーション内での「Office 365」のサブスクリプション購入や、自動アップデートも可能。企業で「Office 365 for Mac」を利用している場合、Apple Business Managerを利用して、Officeアプリを社内へ簡単に配布できるようになった。

 アプリ本体のインストールは無料だが、継続して利用する場合は、「OneDrive オンライン ストレージ 1TB」も利用できる年額1万2744円の「Office 365 Solo」を購入する必要がある。トライアルとして1か月間は無料。