ウイングアーク1stは12月18日に、125m四方の小規模商圏分析を可能にする曜日時間帯別の人口統計データ「あさひる統計」を、「3rd Party Data Gallery for MotionBoard Cloud」「3rd Party Data Gallery On Demand」のラインアップとして、サブスクリプションサービスで提供開始した。

ビジネス街に該当するエリアのみ表示して、その中で人口密集エリアを色で識別できるようにした
ボードのイメージ

 「あさひる統計」は、スマートフォンアプリから得られる位置情報ビッグデータを統計処理して、125m四方(6次メッシュ)の小地域で人口を平休日・時間帯別に集計し、時間・場所ごとに人口を把握できるデータ。
 
平日と休日の昼間人口の比較イメージ

 従来のサービスでは、最小で500m四方(または町丁字)の商圏分析は可能だったが、商業施設が集中するエリアでは自施設以外を訪れた人も含まれるため、ターゲットエリアを絞った正確な小地域分析が難しかった。

 「あさひる統計」なら、125m四方の小地域における狭い商圏の分析ができるため、コンビニエンスストア、ドラッグストア、カフェといった小売や流通サービスで、小商圏の人口分布把握、立地評価など、より正確でピンポイントな分析が可能になる。

 エリアごとの年間平均人口は年に2回更新して提供するため、汎用的に商圏分析に用いられる国勢調査の5年に1回の調査と比較して、より最新の状況が把握できる。また、必要な期間のデータを月額利用することも可能なので、従来の買取型データと比較して導入における初期コストを抑えられる。

 今後は、「3rd Party Data Gallery for MotionBoard Cloud」を分析基盤として自社データもあわせて分析利用するサービスと、「3rd Party Data Gallery On Demand」で安価にデータを閲覧できるサービスを提供していく。

 税別の月額利用価格は、全国版が10万円、地方版が4万円から。なお、申し込みから2週間の期間限定で無償で閲覧可能な「あさひる統計トライアルキャンペーン」を実施する。期間は2019年3月31日まで。対象エリアは東京都、大阪府、愛知県。