TableCheckは12月10日に、三井住友カードと提携して、飲食店・レストラン特化型スマートフォン決済サービス「TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)」の提供を開始した。第1弾として、まずは「TableSolution」導入済み店舗で、三井住友カードの個人・法人のプラチナ/ゴールド会員を対象に提供する。

「TableCheck Pay」のサービスロゴ

 「TableCheck Pay」を利用する場合は、レストラン予約時に、クレジットカード情報を登録し、食事後に飲食店が通知するSMS、EメールまたはQRコードで食事代金を確認して承認する。食べ終わった後、会計を待つことなく、席に座ったまま、サインレスでスムーズに決済できる。

 既存のモバイル決済で一般的な「QRコード決済」だけでなく、SMSやEメールで通知を受け取り、リンク先のページから決済を行う「メール決済」を採用することで、専用アプリのダウンロードを不要とし、ユーザーの利便性を高めた。
 
「TableCheck Pay」の利用の流れ

 「TableSolution」は、15ヶ国語対応のネット予約顧客管理システム。テーブルチェックと三井住友カードは、今後も新たなIT技術を積極的に活用し、飲食業界のキャッシュレス化を促進する。また将来的には、会計の手間なく飲食店を利用できるペイレス(Payless)な決済環境の実現を目指す。

 なお、テーブルチェックは、2019年1月から「TableCheck Pay」「キャンセルプロテクション」のカード決済手数料を従来の3.9%から3.19%に引き下げる。