Sonos Japanは10月3日、日本市場への本格上陸を発表した。単体またはシステムとして利用可能なSonosのスピーカーとオーディオ機器を、公式サイトのほか、ビームス、二子玉川 蔦屋家電、サンワカンパニー、HAY TOKYO、Amazon.co.jpで10月から順次発売する。

Sonos(ソノス)ホームサウンドシステムの各製品

 Sonosのワイヤレススピーカーを利用すると、音楽やテレビなどのサウンドを優れた音質で家中のどの部屋でも楽しめる。特徴として、音声操作に加え、「Trueplay」と呼ばれる独自のチューニング機能を持ち合わせ、高度な音響効果とオーディオ体験をもたらす。

 「Sonos One」は、コンパクトながらパワフルで、音声操作が可能なスマートスピーカー。世界の100種類近いストリーミングサービスの音楽コンテンツを再生でき、Apple Airplay 2にも対応する。税別価格は2万3800円。
 
多用途に使えるSonos One

 バータイプの「Sonos Beam」は、リビングや寝室に設置し、テレビにも音楽にも使えるスマートスピーカー。カスタムメイドの楕円形フルレンジウーファー4基、ディープで温かみのあるベース音と優れた中音域を作り出すパッシブラジエーター3基、会話を鮮明に聞き取れるようにするためのツイーターを搭載しており、このサイズのスピーカーとしては驚くほど幅広いサウンドステージを再現する。また、「Sonos One」同様、複数の音声操作とApple Airplay 2に対応する。税別価格は4万6800円。
 
Sonos Beam

 シンプルなデザインのフラッグシップモデル「Sonos Play:5」は、単体での横向きと、2台を縦または横に重ねる、計3通りの置き方に対応。カスタム設計のドライバー6基とミッドウーファー3基、ツイーター3基を備え、どのような置き方でも最高のサウンドを再現する。税別価格は5万8800円。
 
サウンドとデザインを極めたのSonos Play:5

 Sonosは、「Listen Better(より良い音楽を聴く)」をキーメッセージに掲げ、2002年に米国カリフォルニア州で創業した。ユーザーが聴きたいオーディオコンテンツを好みのストリーミングサービスから楽しめるようにする、オープンプラットフォームの開発に力を入れている。