楽天は、個人・家庭向け低圧電力供給サービス「楽天でんき」の提供を11月1日に開始する。全国一律で基本料金は0円。電気料金200円につき「楽天スーパーポイント」1ポイントを付与する。獲得したポイントで電気料金を支払うこともできる。

楽天でんきが11月にスタート

 楽天でんきは、電気使用量に応じた従量料金の単価が、指定するエリアごとに1つだけというシンプルな料金メニューが特徴。住んでいるエリアの従量料金×月間使用量(kWh)で電気料金を算出する。

 楽天は、2016年に丸紅新電力の取次店として低圧電力供給サービス「まちでんき」を提供していたが、一部地域に限られていた。また、17年には電力小売事業に本格参入し、楽天エコシステム(経済圏)内のユーザーに高圧・特別高圧の電力を低価格で提供していた。

 今後は、楽天でんきで楽天が小売り電気事業者として、全国の個人や一般家庭のユーザーに電力を供給する。まちでんきは継続する。なお、11月1日9時59分までに契約ユーザーには、楽天スーパーポイントを3000ポイント付与する。