楽天グループのRakuten Koboは、8インチ画面を備えた新型電子書籍リーダー「Kobo Forma(コボ フォルマ)」を10月24日に発売を予定している。販売に先駆け、3日の10時に「楽天Kobo電子書籍ストア」や家電量販店「ビックカメラ」「ソフマップ」「コジマ」の店頭と各社ウェブサイト、「Joshin webショップ」で予約受付を開始した。税別の販売価格は3万1800円。

Kobo Forma

 Kobo Formaは、シリーズ初の「ページめくりボタン」を搭載した最上位モデル。Formaは、ラテン語で「形」という意味で、手で持つグリップ部分に厚みを持ち、カーブしている特徴的な形状で読む時にフィット感が心地良いように設計されている。重さは、約197gでページめくりボタンを用いた片手での操作で疲れにくくなっている。約32GBの大容量内蔵メモリーを備えていて、小説などテキスト形式の書籍で約2万8000冊分、コミックで約700冊分を保存することができる。

 300ppiの高解像度ディスプレイを搭載し、文字がくっきり見やすくなっている。フロントライト技術「ComfortLight PRO」も採用し、昼間の読書に適した明るい白色から就寝前に適したオレンジ色の電球色まで、一日を通して目にやさしい最適な色相で読書が楽しめる。防水機能も備え、入浴中でも読書が可能。端末を縦向きや横向きに回転させると、画面の表示方向も自動で反転する。

 また、コミック好き向けにKoboシリーズで初となる見開き表示を可能にする予定。年内には、ソフトウェアのアップデートによって端末を横向きにした際にコミックなどの作品は1画面に2ページの表示を実現する。さらに、「高速ページめくり」機能にも対応し、指一本でパラパラとページをめくるような読み返しや読み飛ばしが操作できる。