ロジクールは10月2日、スポーツイヤホンブランド「Jaybird」からランナー向けに開発したワイヤレスイヤホン「Jaybird X4」と「Jaybird TARAH」を発表した。

新開発のイヤージェルを採用したランナー向けイヤホン
「Jaybird X4」と「Jaybird TARAH」

 今回が初採用となる「イヤージェル」は、シリコン製の外皮の内側にジェルが入っており、装着していることを感じさせないほどの自然なフィット感を実現。左右のケーブル間には、スピードシンチと呼ばれる絞りパーツを備え、ケーブルのたゆみが気にならないよう配慮している。
 
イヤージェルが入ったイヤーピース(写真左)とケーブルのたゆみを絞るスピードシンチ

 IPX7の防水性能と防汗性能設計で、悪条件下でも故障を気にせず使用できる。連続再生時間は、Jaybird X4が2時間の充電で最大8時間、Jaybird TARAHが1.5時間の充電で最大6時間。フルマラソンにも耐えうる長時間バッテリーを搭載する。10分間で1時間分の再生バッテリーをチャージする急速充電も可能。

 Jaybird X4は、イヤーフィンを左右それぞれ3種類、付け替え用のイヤーチップとして低反発素材のCOMPLY ULTRAを2種類付属。Jaybird TARAHは、左右それぞれ3種類のイヤーフィンとチップが一体型のイヤージェルを付属。豊富なサイズバリエーションを用意した。

 価格はオープンで、税別の実勢価格はJaybird X4が1万6880円前後、Jaybird TARAHが1万3880円前後の見込み。発売は、Jaybird X4が10月11日、Jaybird TARAHが10月25日となる。