タイガー魔法瓶、濃さを2段階から選べるシンプルコーヒーメーカー

  タイガー魔法瓶は、セットする向きによって、ハンドドリップで淹れ分けるようにお湯の注ぎ方と豆の浸し時間を変えられる「テイストマイスター」を採用したコーヒーメーカーADC-A060」と「ADC-B060」を9月に発売する。価格はオープン。

【2018年9月18日追記】中国の工場が豪雨の影響で被災したため、発売日未定に変更

ADC-A060(左、中央)と、ADC-B060

 上位機種「ADC-A060」では、コーヒーの濃さは、「テイストマイスター」をセットする向きを変えることで、主に周りの4つの穴からフィルター内にお湯が注がれ、コーヒーがお湯に触れる時間が短く、あっさりした味わいの「マイルド」、中心の6つの穴にお湯が集まってフィルター内に注がれ、コーヒーがお湯に触れる時間が長く、濃い味わいの「ストロング」の2段階から選べる。
 
「テイストマイスター」をセットする向きでテイストが簡単に変わる

 前面パネルとフィルターケースが一体化しているため、使用後はまる洗いが可能。2機種とも満水容量は0.81Lで、1~6杯分の抽出に対応する。本体は幅15.4cmの縦置きスリム型で、操作部を前面に配置し、フィルターや水タンクも前から着脱可能なので、設置幅が狭くても使い勝手がよく、置き場所を選ばない。

 一重構造のステンレスサーバーの「ADC-A060」は、サーバーに加え、専用カップトレイを装着することで、手持ちのマグカップに直接ドリップできる。カラーは、サックスブルー、ダークブラウンの2色。税別の実勢価格は5980円前後の見込み。

 「ADC-B060」はガラスサーバーで、カラーはグレージュホワイトのみ。税別の実勢価格は4980円前後の見込み。

 9月1日には、飲み口部分を付け替えるだけで直飲みタイプにも、コップタイプにもなる保温保冷魔法瓶「ステンレスボトル<サハラ>2WAY」として、容量0.8Lの「MBR-H08G」と0.6Lの「MBR-K06G」を発売する。価格はいずれもオープン。
 
「ステンレスボトル<サハラ>2WAY」の新製品

 「MBR-H08G」は大人っぽいデザインのシズクブルー、ドングリの2色。税別の実勢価格は4800円前後の見込み。

 一方、「MBR-K06G」は日本最大規模の子ども国際映画祭「キネコ国際映画祭」のキャラクター「キネコ」とのコラボレーションモデル。数量限定販売で、税別の実勢価格は5000円前後の見込み。

オススメの記事