ソニーは7月23日、スマートフォン向けとして同社調べで業界最多となる有効画素数4800万画素を実現した積層型CMOSイメージセンサ「IMX586」を発表した。スマホに搭載すると、高性能なデジタル一眼カメラに匹敵する高解像度な画像を残すことができるという。

積層型CMOSイメージセンサー「IMX586」

 集光効率と光電変換効率を高める設計・製造技術を駆使し、高解像度化しても画が暗くなったりぼやけたりせず、きれいに撮れるよう工夫した。その過程で、感度と飽和信号量が高く、同社調べで世界最小となる0.8μmの画素サイズの実現に成功した。
 
従来(有効1200万画素)と、IMX586(有効4800万画素)の画像の比較

 隣接する4画素が同色のカラーフィルターであるQuad Bayer配列を採用し、高感度と高解像度を両立。暗い場所での撮影時には、隣接する4画素の信号を加算することで画素サイズを1.6μm相当(有効1200万画素)に感度を高め、低ノイズで明るい写真や動画の撮影を可能にした。独自の露光制御技術と信号処理機能を内蔵し、白飛びや黒潰れも抑えた。9月から税別価格3000円でサンプル出荷を開始する。