バッファローは、IEEE802.11ac 2×2対応のトライバンド無線LANルータ「WTR-M2133HPシリーズ」を2018年1月上旬から順次発売する。

201712251455_1.jpg
インテリアとの親和性を高めたまったく新しいデザイン
(左からパールホワイトグレージュ、パールローズグレージュ)

 IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANに対応し、11acに対応した2つの5GHz帯(W52・W53、W56)と、1つの2.4GHz帯における同時通信に対応したトライバンド仕様の無線LANルータ。最大の特徴は、前後0~90°、横方向-90~180°に可動する指向性アンテナを備えた、これまでにない円盤状のインテリアになじむデザイン。特別色としてパールローズグレージュも設定した。

 通信速度は従来機種「WSR-1166DHP3」と比較して約1.5倍に向上。4K動画配信サービスもストレスなく楽しめるよう、接続機器を判別する「機器判別機能」、他の無線LAN機器や電子レンジなど無線LAN以外の機器が発生する干渉ノイズを自動で検知して回避する「干渉波自動回避機能」、接続中の端末をより混雑していない周波数帯へ自動で切り替える「バンドステアリング」を搭載する。

 対応するスマートフォンやタブレット端末の通信を安定・高速化する「ビームフォーミング」にも対応し、通信の優先順位を設定する「アドバンスドQoS」機能には、4K動画配信を優先する「4Kモード」を追加した。また、IPv6にも対応しているので、IPv6接続サービスを利用した高速なインターネット通信が利用できる。

 同じデザインで揃えた専用無線LAN中継機「WEM-1266」も近日発売予定。また、つながっている機器の状況を確認できる専用アプリ「WTR Manager」をiOS/Android向けに無料で提供する。
 
201712251455_2.jpg
「WEX-1166DHPS」と使用イメージ

 このほか、12月下旬にIEEE802.11a/b/g/n/acに対応するコンセント直挿しタイプのコンパクトな無線LAN中継器「WEX-1166DHPS」を発売した。税別価格は7200円。