LINEとモバイク・ジャパンは12月20日、国内での自転車シェア事業の展開で、資本業務提携したと発表した。2018年上半期をめどに「LINE」アプリから、スマート自転車シェアサービス「Mobike」の利用を可能にするため、準備を進めるという。

201712201733_1.jpg
LINEの出澤剛代表取締役社長CEO(左)と、モバイクの創業者Hu Weiwei(フー・ウェイウェイ)氏

 「Mobike」は、ユーザーの近くにあるGPSやスマートロック技術が搭載されたオリジナル自転車をスマートフォンアプリで探し、予約、開錠し利用できるサービス。16年4月に中国・上海で提供を開始し、現在では世界中200都市以上でサービスを展開、登録ユーザー数は2億人以上、1日あたりの最大利用回数は3000万回以上にのぼるなど成長を続けている。17年にはモバイク・ジャパンを設立し、8月から札幌市内でサービスを開始した。

 使用する自転車は4年間のメンテナンスフリーで、全車両にGPSを内蔵。車両の位置情報をリアルタイムに把握できる利便性を備えつつ、放置自転車の防止にも活用できる。

 今回の提携で、モバイクはサービス運営、自転車提供・メンテナンス、アプリ、業務システム開発を担当。LINEは、国内月間利用者数7100万人の豊富なユーザーベースの活用のほか、官公庁・自治体・企業などとのネットワークを生かしたインフラベースの整備サポートを行うことで、国内における「Mobike」のサービス展開を拡大・加速していく。