LINEは12月18日、店頭販促に特化した「LINE SP Solutions」の第2弾として店頭で商品のQRコードから簡単にキャンペーン応募ができる「LINEマイレージ」を開始すると発表した。

201712181933_1.jpg
「LINEマイレージ」のイメージ

 LINEマイレージを利用すると、メーカーは商品に付けたQRコードを使ったキャンペーン企画を実施できる。例えば、購入商品のQRコードを読み込むとキャンペーンページから「シール」を獲得でき、シールを5つ集めるとキャンペーンへの応募受付が完了するといった仕組みを簡単に実現できる。

 メーカーがLINEの公式アカウントを開設していなくても、応募と同時に月間6500万人が利用する「LINE」のタイムライン上でシェアされるため、応募者以外の「LINE」ユーザーへのリーチを狙ったキャンペーンが打てる。

 また消費者の応募時のフローに、LINE公式アカウントなどの友だち追加やブロック解除などの条件をオプションで追加することで、後追いでのプロモーションも可能になる。すでに大手飲料メーカーを中心とした複数社での実施が決定しており、2018年から順次展開していくという。

 今後は「キャンペーン実施」から「参加状況の把握」「後追いプロモーション」「次回施策の案内」などをLINE内で一気通貫で完結させて、消費者の購買行動の把握や1to1でのリーチができるように成長させる予定。