ゴッパは11月29日、日本で初めて、USB-IF認証を受けたUSB-PD規格対応の充電器「Energear」シリーズのACアダプタとカーチャージャーを12月下旬に発売すると発表した。販売やサポートはアイ・オー・データ機器が担当する。

201711301442_1.jpg
ゴッパの新製品発表会

 ゴッパの九鬼隆則社長は「PD規格対応はUSBにとって大革新。専門団体から安全に、そして十分に使用できる機器であると認証を受けているので、消費者は安心して購入することができる」と説明した。
 
201711301442_2.jpg
ゴッパの最初の製品「Bluetoothカラオケマイク」で報道陣に語りかける九鬼隆則社長

 PDは「パワーデリバリー」の略。対応している充電器は、充電するデバイスが求める電流・電圧を判断し、最適な電力を供給する。充電中のデバイスが普段と変わらず最大の性能を発揮できる給電量で最大速度の充電ができる。

 また、USB-IF(USB Implementers Forum)は、十分な充電性能を持っているか、電圧を一定に保っているか、何らかの原因で規定された電圧より高くなった場合に危険を回避できるか、などの試験を通して、USB充電器などの性能を保証する団体。1995年にUSB仕様を開発した企業7社が設立し、同団体に認証された製品は、安心して利用できる証しのロゴをパッケージなどで使える。
 
201711301442_3.jpg
USBが安心して使えることを示すロゴ

 発表会には、USBの試験を行っているグラナイトリバーラボ・ジャパンの仲丸直江氏が登壇し、テスト内容とUSB規格の説明をした。「認証するにはパッケージに付属するケーブルも試験を通過しなければならない。軽視する消費者もいるが、本来はケーブルにも充電器と同じくらい気を配らなければならない」とコメントした。
 
201711301442_5.jpg
グラナイトリバーラボ・ジャパンの仲丸直江氏

 新製品のACアダプタは、USB Type-Cポートをひとつ搭載し、iPhone8などの新型iPhoneシリーズの高速充電に対応する。定格入力電圧はAC 100V-240V、サイズは高さ約30mm×幅77mm×奥行き72mm。46Wタイプの税別価格は6980円、65Wタイプは7980円。どちらもカラーはホワイトとブラックの2色で、20V、5Aに対応する1.8mの両側Type-Cケーブルが付属する。
 
201711301442_6.jpg
「Energear」のACアダプタ

 カーチャージャーも、USB Type-Cポートを1つ搭載。高速充電に対応するほか、どちらもカラーはホワイトとブラックの2色で、20V、5Aに対応する0.9mの両側Type-Cケーブルが付属する。税別価格は27Wタイプが3980円で、USB-Aポートも装備する30Wタイプは3980円。付属のケーブルは、0.9mの税別価格が2480円、1.8mは2980円で別売している。
 
201711301442_7.jpg
「Energear」のカーチャージャー

 Bluetoothカラオケマイクなどを開発し、ニッチな製品で隙間市場を攻めるゴッパ。九鬼社長は「当社はまだまだ新たな分野に挑戦していく。新領域の先駆者になるため、これからもユニークな製品を出していきたい」という。