ソニーは、35mmフルサイズ・ミラーレス一眼カメラ「α7R III」を11月25日に発売する。価格はオープンで、ボディのみの税別の実勢価格は37万円前後の見込み。

201711211113_1.jpg
α7R III(「FE 24-70mm F2.8 GM」装着時)

 光学ローパスフィルターレス仕様の有効画素数約4240画素・35mmフルサイズの裏面照射型CMOSセンサを搭載。裏面照射型構造、ギャップレスオンチップレンズ、反射を低減するARコーティング付きシールガラスの組み合わせによって、高解像度ながら高感度・低ノイズ性能、広いダイナミックレンジをあわせ持つ。

 世界最高の5.5段分の補正効果のある高精度な光学式5軸ボディ内手ブレ補正ユニットとジャイロセンサを新たに搭載し、Eマウントレンズはもちろん、マウントアダプタを介して装着したAマウントレンズでも手ブレ補正を適用する。画像処理エンジン「BIONZ X」と画像処理をサポートするフロントエンドLSIで、常用ISO感度で最高ISO32000(拡張ISO50~102400)の感度域をカバー。また、エリア分割ノイズリダクションの性能を向上し、中感度域では約1段分のノイズ低減を実現したほか、一新した画像処理システムで肌色の再現性を大幅に向上させた。

 新開発のシャッターチャージユニットの採用と、画像処理システムの刷新によって、従来機種「α7R II」と比較して2倍となる毎秒最高約10コマのAF/AE追従高速連写を実現。無音・無振動のサイレント撮影時にも、同様に毎秒最高約10コマで連写可能で、ライブビュー撮影時でも毎秒最高約8コマで連写できる。
 
201711211113_2.jpg
本体背面(左)と上面

 AF速度・精度・追従性能も飛躍的に向上しており、コントラストAFを従来の25点から425点に多分割化し、検出精度を大幅に向上。このほか「α7R II」と比較して、動体追従性能、低輝度時のAF速度、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」機能の追従速度はいずれも約2倍になった。

 動画撮影機能では、スーパー35mmフォーマットでの4K動画の本体内記録が可能で、記録フォーマットにはXAVC Sを採用する。また、HLG(Hybrid Log-Gamma)方式による4K HDR撮影や、フルHD/120fpsのハイスピード撮影、最大5倍までのスローモーション、最大60倍までのクイックモーション撮影など、多彩な動画撮影に対応している。

 対応メディアは、メモリースティックPROデュオ/PRO-HGデュオ/マイクロ(M2)、SDXC/SDHC/SDカード(UHS-1/II対応)、mixroSDXC/microSDHC/microSDカード。サイズは幅126.9×高さ95.6×奥行き73.7mmで、重さは約657g。