ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」の新製品として、プレミアムコンパクト「RX」シリーズの高画質技術を、防水性と堅牢性を備えた小型ボディに凝縮した「RX0(DSC-RX0)」を10月27日に発売する。カラーはブラック。価格はオープンで、税別の実勢価格は8万円前後の見込み。

201709131646_1.jpg
サイバーショット RX0

 コンパクトな本体に、有効約1530万画素のCMOSセンサ「Exmor RS」、焦点距離7.7mm(35mmフィルム換算で24mm相当)のZEISS テッサー T*レンズ、暗所でも低ノイズで高画質な撮影を可能にする画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載。最大約4秒まで撮影できる最高960fps(最大40倍)のスーパースローモーション撮影、毎秒最高約16コマの高画素の高速連写、全画素読み出しによる4K動画のHDMIクリア出力、別売の電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」を使った、最大15台でのリモートレリーズ撮影など、多彩な撮影機能を備える。

 スマートフォン/タブレット端末とワイヤレスで接続し、専用アプリ「PlayMemories Mobile」を利用した最大5台までの複数台撮影、別売のカメラコントロールボックスによる安定した有線接続でのカメラ操作と高精度な同期なども可能。クリエイターの創造性を高める。
 
201709131646_2.jpg
複数台撮影の使用イメージ

 シンプルなスクエアフォルムで、本体の中心にレンズを配置したデザイン。小型・軽量ながら、水深10mの防水性能(IPX8相当)、2mからの落下耐性、200kgftの耐荷重という高い堅牢性をもち、雨天や水中など過酷な撮影環境や狭小な設置場所など、あらゆる場面に対応する。

 対応メディアは、メモリースティックマイクロ、メモリースティックマイクロ(Mark2)、microSDXC/microSDHC/microSDカード。サイズは幅59.0×高さ40.5×奥行き29.8mmで、重さは約110g。