ソニーは、最大25倍の大口径・高倍率ズームレンズを搭載し、画質・動画機能・操作性など、高いレベルで追求したデジタルカメラ「サイバーショット RX10 IV(DSC-RX10M4)」を10月6日に発売する。予約は9月20日10時から受け付ける。カラーはブラック。価格はオープンで、税別の実勢価格は19万円前後の見込み。

201709141503_3.jpg
サイバーショット RX10 IV

 世界最速0.03秒の高速AFとAF/AE追従最高約24コマ/秒の高速連写を実現する、有効約2010万画素のメモリ一体型・1.0型積層型CMOSイメージセンサ「Exmor RS」と、AF速度や動体捕捉に優れた位相差検出方式、AF精度の高いコントラスト検出方式を併用する「ファストハイブリッドAFシステム」をRX10シリーズとして初めて搭載。315点の像面位相差検出AFセンサを配置し、被写体を瞬時に広範囲・高精度に捉え、さらに、被写体の動きに連動して高密度に集中したAF枠を動的に制御する「高密度AF追従テクノロジー」によって、複雑な動きでも正確に追従する。

 レンズには、広角から超望遠まで幅広いシーンを撮影できる、光学25倍ZEISS Vario- Sonnar(バリオ・ゾナー)T∗ 24-600mm F2.4-4大口径・高倍率ズームレンズを採用。進化した最新の画像処理エンジン「BIONZ X」などとあわせ、ズーム全域で高コントラスト・シャープな画質を実現した。また、タッチフォーカスやフォーカスレンジリミッターなど、高速撮影をアシストする機能も追加した。
 
201709141503_4.jpg
カメラ1台で広角から超望遠まで対応する

 野生動物の撮影時やコンサート会場などでの撮影に便利な、サイレント撮影に対応。高解像度の4K動画、超望遠ズームを生かした最大40倍のスーパースローモーション動画をはじめ、新たにプロキシー記録に対応するなど、プロの映像制作をサポートする多彩な動画機能を備える。サイズは幅132.5×高さ94.0×奥行き145.0mmで、本体のみの重さは約1050g、バッテリ・メモリカード込みでは約1095g。