東芝クライアントソリューションは10月17日、店頭向けPCの17年秋冬モデルとして、15.6型スタンダードノートPC「dynabook T」シリーズの新製品4機種を10月20日から順次発売すると発表した。

201710181127_1.jpg
シリーズ最上位機種の「dynabook T85/E」

 dynabook Tシリーズは、画面表示の美しさと文字の見やすさ、高音質サウンドと高いパフォーマンスを備えたノートPC。すべての機種に高精細・広視野角フルHD IPS液晶を搭載し、パネルに合った最適な発色パラメータ値を設定した色補正や文字表示サイズの拡大表示設定により、高画質化や利便性を追求している。

 今回の新製品では、写真やインターネット動画などの2Dコンテンツだけでなく、360度カメラで撮影した360度パノラマ動画や、3D動画などの3Dコンテンツの高画質化対応を強化した。とくに、「TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+」は、独自のアルゴリズムを採用した超解像技術「レゾリューションプラス」によって、360度パノラマ動画や3D動画などの画素を補正した上で色補正することで、より自然で美しい画質に向上させる。
 
201710181127_2.jpg
新モデル最多の全4色をラインアップする「dynabook T75/E」

 さらに、360度パノラマ動画や3DCGを実用的に、気軽に楽しむためのソフトも強化して搭載した。「CyberLink PowerDirector 15 for TOSHIBA」と「CyberLink PhotoDirector 8 for TOSHIBA」は、360度カメラで撮影した360度パノラマ動画や写真の編集を簡単操作でサクサク快適に行える。さらに、DIY(日曜大工)の3D図面が簡単に作成できる「caDIY3D+(30日体験版)」をプリインストールする。

 また、通常1年または2年間のメーカー無償保証期間を延長し、落下、水こぼし、破損、落雷などの損傷にも対応するとともに、保証期間中は何回でも、修理金額の限度額なしで保証する「東芝PCプレミアム保証(POSAカード版)」を11月上旬から店頭で順次販売する。今回、この有償延長保証サービスをPOSAカードで店頭で購入できるようになった。
 
201710181127_3.jpg
東芝PCプレミアム保証(POSAカード版)

 価格はオープン。実勢価格価格は、「dynabook T85/E」が24万円台後半、「dynabook T75/E」が21万円台半ば、「dynabook T55/E」が17万円台後半、「dynabook T45/E」が14万円台半ばの見込み。発売日は、「dynabook T85/E」が11月中旬、他の3機種は10月20日の予定。