カシオ計算機は10月11日、スケートボードやサーフィンといった動きの激しいスポーツの撮影に適したタフネスカメラブランド「G'z EYE(ジーズアイ)」を立ち上げ、耐衝撃性能・防水性能・防塵性能を備えた「GZE-1」を10月27日に発売すると発表した。

201710111558_1.jpg
世界最高のタフネスカメラを目指して開発した「GZE-1」

 新製品「GZE-1」は、衝撃に強い腕時計「G-SHOCK」やアウトドア向けのセパレート型デジタルカメラ「Outdoor Recorder」シリーズで培ったノウハウを結集して開発。4m落下耐衝撃性能、50m水深防水性能、IP6Xの防塵性能、-10度の耐低温性能を持つ。
 
201710111558_2.jpg
タフネス設計一覧

 画角が静止画なら190.8度、動画なら170.4度の超広角レンズを採用。撮影した動画から、決定的瞬間をスローモーションで切り出す「ドラマチックスロー機能」を備える。専用のリモコンや液晶コントローラ、スマートフォンのアプリからも操作可能で、連携するとスマホに画像を転送することもできる。
 
201710111558_3.jpg
「ドラマチックスロー機能」の概要

 デザインは、手に持った時も格好よく見えるような武骨なフォルムで、落下の衝撃からレンズやボタンを保護するバンパーには、操作ガイドを記載している。価格はオープンで、税込の実勢価格は5万円前後の見込み。また、撮影時に使用するスタンド付きカラビナや、チェストマウントハーネスも同時発売する。(BCNメディア編成部)