ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は10月2日、バーチャルリアリティシステム「PlayStation VR(PSVR)」の新モデル「CUH-ZVR2」を発表した。PlayStation Cameraとセットにした「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」として、10月14日に発売する。

201710021855_2.jpg
10月14日に発売する新型PlayStation VR(CUH-ZVR2)

 新型PSVR(CUH-ZVR2)は、プロセッサーユニットがHDR映像のパススルーに対応。VRヘッドセットとプロセッサーユニットを接続するケーブルを一本に集約したほか、VRヘッドセット後部にステレオヘッドホン端子を配置することで、ステレオヘッドホンのケーブルもVRヘッドセットに一体化。配線回りを見直し、プレイ環境を改善した。それに伴い、VRヘッドセットは約10g、プロセッサーユニットは約65g軽量化している。

 税別価格は、2016年10月13日に発売した初号機のCamera同梱版から5000円値下げした4万4980円。新型の発売にあわせて、国内販売取扱店舗を従来の394店舗から913店舗に拡大する。10月7日(土)からは全国のソニーストア各店で、10月14日(土)からは全国のイオンモール10か所で、新モデルを試遊できる体験イベントを開催する予定だ。