任天堂は、9月16日から「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(ミニスーファミ)」の予約受付を順次開始すると発表した。発売日は10月5日。税別価格は7980円。なお、限定生産ではなく、2017年以降も生産するという。

201709131142_1.jpg
懐かしのスーファミを復刻した「ミニスーファミ」

 2016年11月に発売した、手のひらサイズの家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」に続く第2弾。今度は、ファミコンの後継機として1990年に発売したスーパーファミコン(SFC)を復刻し、オリジナルの約半分程度の手のひらサイズに収めつつ、コントローラは当時のサイズのまま、ボタン配置、ネジ穴の位置まで再現した。コントローラは2個付属し、買ってすぐに2人プレイのゲームを楽しめる。
 
201709131142_2.jpg
コントローラは当時のサイズのまま、完全再現

 収録ソフトは、1400本以上リリースされたSFC対応ソフトから選りすぐった、「スーパーマリオワールド」や「スーパーマリオカート」「スーパーマリオ ヨッシーアイランド」「超魔界村」「聖剣伝説2」など21タイトル。「スターフォックス」の続編として開発されたものの、未発売だった幻のソフト「スターフォックス 2」も収録する。
 
201709131142_3.jpg
収録タイトルの一部。「スターフォックス 2」のパッケージは新規にデザインした

 ゲームを切り替える際にはリセットボタンを押してホームメニューに戻り、別のタイトルを選択する。ホームメニューでは、その時点のゲームの進行状況を「中断ポイント」として4つまで保存することができる。
 
201709131142_4.jpg
「ミニスーファミ」のパッケージ。特徴的な4色のロゴも健在

 このほか、中断ポイントからゲームの進行を巻き戻せる「リプレイ機能」や、中断地点までの自分のプレイ映像が確認できる「マイプレイデモ」、80年から90年代風のアナログテレビのような見え方を再現する「アナログテレビモード」など、さまざまな新機能を搭載する。