家庭用のコンシューマゲームにこだわり続けてきた任天堂が、スマートフォンゲームへの参入を表明し、業界に衝撃が走ったのは2015年3月。DeNAと資本・業務提携のパートナーを組んだ新たな船出に注目が集まった。スマホゲームの収益の主軸は、継続的な課金。任天堂が目指すゲームとは相反するだからだ。