象印マホービンは、圧力式の本格家庭用無洗米精米器「つきたて風味 BT-AG05 」と、精米器「つきたて風味 BR-WA10」を10月1日に発売する。

201709081116_1.jpg
家庭でお米屋さんの本格精米ができる「つきたて風味」
(左から、BT-AG05、大容量タイプのBR-WA10)

 「かくはん式」ではなく、お米屋さん同様、米どうしをこすり合わせながら磨くように精米する「圧力式」を採用。ぬかを圧力でやさしくはがすため、お米に傷がつきにくく、つやと透明感のある仕上がりになる。「BT-AG05」は、より丁寧に精米する「圧力循環式」を採用。また、サイクロン方式でぬかを吸引しながら精米するので、よりぬかをきれいに取り除ける。

 2機種共通の特徴として、ビタミンEやビタミンB1など、栄養素が豊富な胚芽の部分を残して精米する「胚芽」コースを新たに搭載。古くなった白米の表面を軽く削り鮮度を取り戻す「白米フレッシュ」コースなども引き続き、搭載する。
 
201709081116_2.jpg
精米したてのお米(イメージ)

 このほか、「BT-AG05」は、お米表面の白さを感知しながら精米し、3分づき~上白米までの5段階から選択した精米度になると自動で終了する「精米度センサー」、ふたや容器をはずすと運転が停止する「安全機構」、玄米・白米どちらでも設定できる「無洗米」コースを搭載する。精米容量は2~5合。

 大容量タイプの「BR-WA10」は、ダイヤル式で15段階の精米度から選択でき、最大1升(10合)まで一度に精米できる。

 価格はともにオープン。税別の実勢価格は「BT-AG05」が4万3000円前後、「BR-WA10」が3万7000円前後の見込み。