アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は2月下旬から、世界初となる、同梱のLightning(ライトニング)ケーブルと接続してiPhoneに直接CDの音楽などを取り込めるiPhone用レコーダー「CDRI-L24I」を発売する。価格はオープンで、税別の想定価格は1万1800円。

201702011339_1.jpg
新たなロゴマークを携えたCDRI-L24I

 ユーザーが準備するのは、App Storeから「CDレコアプリ」をiPhoneにダウンロードするだけ。同梱のケーブルを「CDRI-L24I」と接続するとCDの音楽が取り込める。面倒な曲名入力は不要で、インターネットに接続するとgracenoteにつながり自動で曲情報やジャケット画像を入手できる。

 「CDレコアプリ」では新機能「CDブックレット」を2月下旬から実装予定。自分と同世代のユーザーが聞いている曲の人気ランキングや、CD発売当時の懐かしい解説が読める。利用するには「ユーザー情報の設定」から「性別・年齢・居住地域」を設定する。

 さらにI・Oデータは2月中旬から、iPhoneではWi-Fi接続、AndroidではWi-Fi接続とUSBケーブルに対応したCDレコーダー「CDRI-W24AIW」も発売する。
 
201702011339_2.jpg
CDRI-W24AIW

 価格はオープンで、税別の想定価格は1万800円。「CDレコアプリ」で取り込んだ曲は、機種変更時にiPhoneやAndroidに乗り換えても新しい端末に引き継がれる。