楽天と楽天Edyは12月13日、共通ポイント「楽天ポイントカード」と電子マネー「楽天Edy」が、モバイル決済サービス「Android Pay」に対応したと発表した。「Android Pay」は、Googleが提供する「デジタルウォレット」サービスで、電子マネーやポイントカード、ギフトカードを登録して店頭で利用できる。


「Android Pay」アプリでの楽天ポイントカード/楽天Edyの利用イメージ

 今回、「楽天ポイントカード」と「楽天Edy」が「Android Pay」に対応したことで、支払時に「楽天ポイントカード/楽天Edy」が利用可能なほか、Edyの残高照会や利用履歴の確認、「楽天スーパーポイント」を貯める設定にも対応する。

 なお、「Android Pay」ではGoogleアカウントに登録しているクレジットカードからチャージ(入金)できるので、設定時にクレジットカード情報を登録する必要はない。

 楽天と楽天Edyは、今回の「Android Pay」への対応を記念して、12月13日~2017年1月31日9時59分の期間に、「Android Pay」ではじめて「楽天Edy」の設定を行ったユーザーを対象に、400円分のEdyをプレゼントするキャンペーンを実施する。