ASUS JAPANは10月21日、Androidタブレット端末「ASUS ZenPadシリーズ」の新製品として、9.7インチの「ASUS ZenPad 3S 10(Z500M)」と、7.9インチの「ASUS ZenPad S 8.0(Z580CA)」を発売した。価格はどちらもオープン。


ASUS ZenPad 3S 10(Z500M)

 「ASUS ZenPad 3S 10(Z500M)」は、手軽に持ち運べる薄型・軽量の本体に、2048×1536の高解像度9.7インチ液晶や指紋センサ、1024段階の筆圧検知機能などを搭載し、ハイレゾ・DTSバーチャルサラウンドサウンドに対応した。イヤホンやヘッドホン使用時は、立体的で臨場感のある7.1chのバーチャルサラウンドサウンドを楽しめる。

 CPUにはヘキサコアのMediaTek MT8176を採用し、メモリ4GB、32GBのストレージ、800万画素/500万画素のカメラなどを搭載する。OSはAndroid 6.0。バッテリ駆動時間は約10時間。サイズは幅163.7×高さ240.5×奥行き5.8~7.15mmで、重さは約430g。カラーは、スチールブラック、シルバーの2色。税別の実勢価格は3万9800円前後。

 「ASUS ZenPad S 8.0(Z580CA)」は、2015年9月に発売した「ASUS ZenPad S 8.0」のカメラを800万画素/500万画素、CPUをインテルAtom Z3560にリニューアルし、従来より値下げした。
 

ASUS ZenPad S 8.0(Z580CA)

 OSはAndroid 5.0。バッテリ駆動時間は約8時間。サイズは幅134.5×高さ203.2×奥行き6.6mmで、重さは約298g。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。税別の実勢価格は3万4800円前後。