ビッグローブは、高速モバイル通信サービス「BIGLOBE SIM」とスマートフォンを組み合わせた「BIGLOBEスマホ」の新端末として、Motorola製のSIMフリースマ―トフォン「Moto G4 Plus」を7月下旬から販売する。


Moto G4 Plus

 「BIGLOBE SIM」と端末を定額の月額料金で使える「アシストパック」を申し込んだ場合、端末代に相当する月額料金は税別1490円。別途、通信料として、プランに応じた「BIGLOBE SIM」の月額料金がかかる。8月1日からは法人向けにも提供を行う。

 「Moto G4 Plus」は、CPUにオクタコアのQualcomm Snapdragon617を採用し、解像度1920×1080の約5.5インチワイド液晶ディスプレイ、3GBのメモリ、32GBのストレージ、約1600万画素/約500万画素のカメラなどを搭載する。バッテリ容量は3000mAhで、急速充電に対応する。

 2枚のSIMカードを挿入できるデュアルSIMに対応し、3GとLTEの同時待ち受けが可能だ。1台の端末で、個人用と会社用など2つの電話番号を使用したり、通話とデータ通信でSIMを使い分けたりと、コストや用途に合わせた使い方ができる。OSはAndroid 6.0。サイズは幅76.5×高さ152.9×奥行き7.87mmで、重さは約157g。カラーは、ホワイト、ブラックの2色。

 なお、「Moto G4 Plus」は、ビッグローブのほか、他のMNVOサービス各社も取り扱う。7月22日以降、家電量販店やオンラインショップでも販売する。Amazon.co.jpでの販売価格は、税込み3万8664円。