「BCN RETAIL REVIEW」4月号発行のお知らせ

PR

2016/03/30 11:42

 BCN(東京・千代田区、奥田喜久男会長兼社長)は3月28日、家電流通に携わる人に無料でお届けする月刊紙「BCN RETAIL REVIEW」4月号を発行しました。本誌は1月29日に創刊した毎月末週の月曜日発行のタブロイド紙。IoT(モノのインターネット)やオムニチャネル など、大きな変化が押し寄せている家電流通の最前線の情報をお届けします。


BCN RETAIL REVIEW」4月号

 登録は簡単。読者登録ページや下記のQRコードからアクセスして必要な情報を入力するだけ。次号から無料でお届けします。
 


 4月号の「Key Person」のコーナーでは、アマゾン ジャパンで国内家電事業を統括しているバイスプレジデント ハードライン事業本部の渡部一文事業部門長にインタビュー取材。エアコン冷蔵庫洗濯機を直販する予定であることや、アマゾンとしてのIoTの取り組み を語っています。「BCN Retail Review」ではリアル店舗だけでなく、EC(電子商取引)の情報も提供しています。家電流通に携わる人たちに必見の内容です。
 


4月号はアマゾン ジャパンのバイスプレジデント
ハードライン事業本部の渡部一文事業部門長のインタビュー

 特集では、「インバウンドはどこまで続くのか」というテーマで、最新データと取材活動から家電量販店におけるインバウンド・ビジネスの変化を伝えています。
 


特集は「インバウンドはどこまで続くのか」

 今月号から新コーナー「Sales Hints」がスタート。販売する際のちょっとしたトークを身に付けることで、販売員の提案力を磨くコーナーです。具体的に、ソニーのアクションカムを取り上げながら新規客に向けたアプローチを紹介しました。
 


販売員の提案力を磨く「Sales Hints」

 メーカーの開発者や営業責任者が、ものづくりの想いを伝える「Product History」のコーナーでは、キングジムの「ポータブック」の開発秘話を披露。たためるキーボードの開発に1年をかけた情熱やこだわりを掲載しました。販売する際のトークに使えます。
 


ものづくりの想いを伝える「Product History」

* 「BCN RETAIL REVIEW」は家電流通に携わる小売業やメーカー、販売会社の方々に無料でお届けするメディアです。弊社基準(読者様の属性)により有料でのご購読をお 願いする場合もございますが、弊社から一方的に料金をご請求することはございませんのでご安心ください。
 

オススメの記事