ASUS JAPANは3月7日、都内でNVIDIA G-SYNCに対応した34型曲面ゲーミング液晶ディスプレイの「ROG Swift PG348Q」、USB Type-Cケーブルのみで接続可能な15.6型液晶ディスプレイ「MB169C+」、および転送速度最大2,167Mbpsを実現する無線LANルー ター「RT-AC88U」の3製品を発表した。発売日は3月11日で、価格はオープン。実勢価格は「ROG Swift PG348Q」が税込20万円前後、「MG169C+」が税込み3万5500円前後、「RT-AC88U」が税込3万5500円前後の見込み。

 「ROG Swift PG348Q」はASUSのゲーミングブランド「R.O.Gシリーズ」の一つで、PCゲーマー、およびオーバークロッカー向けに設計した。画面サイズは 34型の曲面ウルトラワイド。液晶ディスプレイ表示の書き換えタイミングをビデオカード上で制御し、画面描写のチラつきをなくす技術「NVIDIA G-SYNC」に対応する。

 「RT-AC88U」もゲーミング無線LANとして、ネットワークゲームユーザー向けの仕様となっている。ネットワークゲームの通信優先度を高める 「Adaptive QOS」機能を搭載し、例えばネットワークゲームをプレイしている間に家族が他のデバイスで動画を見ていたとしても、ゲーム関連データの通信優先度を高 め、影響を最小限に抑えることができる。セキュリティ面でもトレンドマイクロ社の「AiProtection」を搭載し、不正Webサイトへのアクセスブ ロックや不正侵入のブロックを行う。

 「MB169C+」はUSB Type-Cケーブル1本でノートPCなどに接続が可能。電源もUSB Type-Cケーブルのみで供給し、ACアダプタも不要のため、外出先などでも使用可能。
 


今回発表した製品一覧

 ASUSの無線LAN事業について、黄 尚哲 無線LAN アカウントマネージャーは日本の無線LAN事業について「2009年から本格的に展開をはじめ、2010年から2015年までの平均成長率は約 43.72%となっており、世界各国から数々の賞を受賞。米国のJ.D Powerの2015年無線LANルーター顧客満足度調査では最高ランクを獲得した」と語った。
 


ASUSディスプレイ事業の変遷を語る曾 冠瑜 ディスプレイ アカウントマネージャー

 またディスプレイ事業について、曾 冠瑜 ディスプレイ アカウントマネージャーは「ASUSのディスプレイ事業は2005年から10年連続で成長を続け、台湾をはじめフランス、北欧、ポルトガルでもコンシュー マ市場シェアNo.1を獲得した。台湾ではゲーミングモニタの出荷数量も40%のシェアとなった」と好調ぶりをアピール。2016年度のモニタ市場では 10%のシェアを獲得したい、と語った。
 


成長を続けるディスプレイ事業