サントリー、JAL、ロッテがYouTube広告で遊んで楽しめるコンテンツ

ニュース

2015/02/04 14:45

 サントリー食品インターナショナル「デカビタC」、日本航空(JAL)「沖縄キャンペーン」、ロッテ「ガーナ・手づくりバレンタイン」の3社・3ブランドは、YouTube動画広告枠を使った新しい試み「見るだけゲーム in YouTube」を開始した。2月28日まで。

特設サイトの画面(イメージ)

 研究者/映像作家の菅俊一氏が「新しいYouTubeの使い方を考えよう」と呼びかけたプロジェクトのなかで開発した新しいウェブ動画広告。YouTubeで動画を視聴する前に自動的に表示する動画広告枠を使ったコンテンツで、大人だけではなく、小さい子どもも見るだけで遊んで楽しめる。

 サントリー「デカビタC」、JAL「沖縄キャンペーン」、ロッテ「ガーナ・手づくりバレンタイン」が参加。尺・冒頭のカット・企業ロゴ、コピーの入れ方などがすべて同一のフレーム上で各2作品ずつ制作し、2作品×3社の計6本をYouTubeの動画広告枠で展開を開始した。特設サイトでも閲覧できる。

 プロジェクトでは、通常のYouTube動画広告と「見るだけゲーム in YouTube」を比較し、新しい動画広告のあり方について検証していく。

オススメの記事