• ホーム
  • 新製品・レビュー
  • ロジクール、マルチOS対応スタンドつきキーボード「K480」、PCやスマートフォンなどをダイヤルで切替え

ロジクール、マルチOS対応スタンドつきキーボード「K480」、PCやスマートフォンなどをダイヤルで切替え

ニュース

2014/09/05 13:12

 ロジクールは、PC・スマートフォンタブレット端末で使用できるマルチOS対応のキーボード「ロジクール Bluetooth マルチデバイス キーボード K480」を、9月12日に発売する。価格はオープンで、ロジクール オンラインストアでの税別価格は3980円。

K480

K480

 Bluetoothで接続するワイヤレスキーボード。Windows・Mac・iOSAndroidに対応し、PC・スマートフォンタブレット端末など、最大3台をダイヤルを回して切り替えて使用する。

 タブレット端末やスマートフォンは、横置き、縦置きを問わず、キーボード本体に備えた溝に立てかけることができる。ショートカットキーは、ホーム、アプリケーション切替え、アプリケーションキー、戻る、検索、前のトラック、再生/一時停止、次のトラック、ミュート、ボリュームアップ、ボリュームダウン、挿入/言語切替え、スクリーンショット/画面ロックに対応する。

 84キー日本語レイアウトで、キー構造はパンタグラフ方式。キーピッチは19mm、キーストロークは2mm。電源は単4形乾電池2本で、電池寿命は最大2年。対応OSは、Windows 8/7、OS X以降、Chrome OS、iOS 5以降、Android 3.2以降。サイズは幅299×奥行き195×高さ20mmで、重さは815g。カラーは、ブラックとホワイト。

オススメの記事