東芝は、無線LAN機能を搭載したSDHCカード「FlashAir」の新製品として、容量が8GBで、SDスピードクラスClass 10に対応した「SD-WC008G」を10月19日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4000円前後の見込み。

SD-WC008G

 「FlashAir」は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を備えたSDHCカード。デジタルカメラで撮影した写真やカードに保存したデータを、その場でスマートフォンやタブレット端末に送ることができる。

 8GBモデルは、従来はSDスピードクラスClass 6対応だけだったが、新たにClass 10に対応することによって、データ転送速度毎秒10MB以上を保証する。