ASUSTeK Computer(ASUS)は、スライド型キーボードを内蔵し、ノートPCとしても使える重さ約960gの超軽量タブレットPC「Eee Pad Slider SL101(SL101-WH32G)」を10月8日に発売する。価格は4万9800円。

Eee Pad Slider SL101

 マルチタッチに対応する10.1型ワイドのIPS液晶ディスプレイをスライド&チルトするとキーボードが現れ、ノートPCと同じように入力できる新感覚デバイス。キーボード一体型ながら約960gと軽く、折りたたんだ状態では18.3mmと薄いので、どこにでも気軽に持ち運べる。 

スライド型キーボードを内蔵し、ノートPCとしても使える

 OSはAndroid 3.1で、デュアルコアのNVIDIA Tegra 2モバイル プロセッサ、1GBのメインメモリ、約32GBのストレージを搭載する。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 2.1 + EDR、GPS・電子コンパス、500万画素の背面カメラ、120万画素の前面カメラに加え、HDMIミニ出力端子、USB2.0ポート、microSDカードリーダーなど、ノートPCと同等の充実したインターフェースを備える。また、DLNAに対応しており、動画や音楽などのデータを、液晶テレビなど、他のDLNA対応機器と共有できる。

 ディスプレイガラスには、硬度9Hで耐久性にすぐれた強化ガラス「ゴリラ ガラス」を採用した。バッテリ駆動時間は最大約8時間。サイズは幅273.0×奥行き180.3×高さ18.3mm。カラーはホワイト。