ソフトバンクモバイルは、9月29日、下り最大21Mbpsの「ULTRA SPEED」対応スマートフォン4機種や、次世代ネットワーク「SoftBank 4G」に対応した下り最大76MbpsのモバイルWi-Fiルータ「ULTRA WiFi 4G 101SI」を含む、2011年冬-2012年春モデルを発表した。11月中旬から来春にかけて順次発売する。

 スマートフォンは、デュアルコアCPUを搭載したシャープ製のULTRA SPEED対応モデル「AQUOS PHONE 104SH」「AQUOS PHONE 102SH」、約1320万画素のカメラ、デュアルコアCPUを搭載したパナソニックモバイル コミュニケーションズ製のULTRA SPEED対応モデル「LUMIX Phone 101P」、京セラ製のULTRA SPEED対応モデル「HONEY BEE 101K」、シャープ製のテンキー搭載スライド型モデル「AQUOS PHONE THE HYBRID 101SH」、同じくシャープ製の防水・防塵スリムモデル「AQUOS PHONE 103SH」、「おくだけ充電」に対応したNECカシオモバイルコミュニケーション製の女性向けモデル「MEDIAS CH101N」、CMでおなじみの「お父さんキャラクター」をあしらった独自のカテゴリメニューを採用したZTE製の防水モデル「STAR7 009Z」、4.3インチのスーパー有機ELディスプレイ「Super AMOLED」、1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載したデル製の「DELL Streak Pro 101DL」の9機種ラインアップ。いずれもOSにはAndroidを搭載する。 

AQUOS PHONE 104SH(オレンジ×ブルー)、AQUOS PHONE SoftBank 102SH(イノセントパープル)

 ULTRA SPEED対応モデルは、下り最大21Mbpsの高速データ通信サービス「ULTRA SPEED」に対応する。発売時期は、「LUMIX Phone 101P」が11月中旬以降、「AQUOS PHONE 102SH」が12月上旬以降、「HONEY BEE 101K」が12月以降で、「AQUOS PHONE 104SH」は2012年春の予定。 

LUMIX Phone 101P(メロウゴールド)

 「AQUOS PHONE 104SH」は、大画面4.5インチの高精細HD液晶、デュアルコアCPU「OMAP4460(1.5GHz)」、有効約1210万画素のカメラを搭載し、Androidの次期プラットフォームに対応予定。「HONEY BEE 101K」は、ウィルコムのPHS端末「HONEY BEE」シリーズのポップでかわいいデザインを踏襲し、IPX5/IPX7相当の防水性能を備える。カラーは、ホワイトピンク、ピンク、グリーンイエロー、ブルー、ブラックの5色。 

HONEY BEE 101K(ホワイトピンク、ピンク、グリーンイエロー、ブルー、ブラック)

 このほかの各機種の発売時期は、「STAR7 009Z」が11月下旬以降、「AQUOS PHONE THE HYBRID 101SH」が11月中旬以降、それ以外の3機種は2012年1月以降。 

DELL Streak Pro 101DL(ブラック)

 従来型の携帯電話は、PANTONE社とコラボレーションした全8色のPANTONEケータイの最新モデル「PANTONE 4 105SH」の一機種だけで、2012年3月以降に発売する予定。同日開催した製品発表会の質疑応答のなかで、ソフトバンクモバイルの孫正義社長は、従来型の携帯電話はまだ在庫があり、引き続き販売するが、新機種については、スマートフォン中心のラインアップにする方針を示した。

 このほか、月額使用料490円(2年単位の契約の場合、通常は月額980円)留守中や在宅時などに自宅や家族を見守るホームセキュリティ機器「みまもりホームセキュリティ 101HW」を2012年1月下旬以降に発売する。

 また、次世代ネットワークとして、下り最大110Mbpsの高速データ通信サービス「SoftBank 4G」を11月1日から開始し、下り最大76Mbpsの高速で通信できる「SoftBank 4G」対応モバイルWi-Fiルータ「ULTRA WiFi 4G 101SI」を2012年2月以降に発売する。 

ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI

 下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」にも対応し、幅広いエリアで利用できる。スマートフォンやノートPCなど、最大10台の無線LAN対応機器を同時に接続できるテザリングや、「マルチSSID設定」にも対応する。連続通信時間は約5時間だが、バッテリが2個付属し、約10時間通信できる。

→製品発表会の記事はこちら