加賀ハイテックは、コダック製の光学21倍ズームレンズ搭載したコンパクトデジタルカメラ「Kodak EasyShare Z5010 デジタルカメラ」を、10月初旬に発売する。価格はオープンで、直販サイト「SHOPPING KODAK」での価格は1万9800円。

Kodak EasyShare Z5010 デジタルカメラ

 有効1400万画素のCCDと35mmフィルム換算で25~525mm相当の光学21倍シュナイダーズームレンズを搭載するコンパクトデジカメ。CCDシフトの光学式手ブレ補正機能を備える。動画は720p/30fpsの高画質ビデオの撮影・編集に対応する。

 露出・ピント・ISO感度などのほか、トーンカーブの調整やノイズの軽減など、カメラが自動でシーンを認識して各種設定を行う「スマートキャプチャー機能」を備える。

 カメラ本体に静止画や動画の編集機能を搭載。静止画のトリミングや、2枚または3枚の連続した写真をつなぎ合わせて、ワイド画像を作成する「パノラマステッチ機能」をもつ。

 電源は、単3形乾電池×4。対応メディアはSD/SDHCカード。サイズは幅117.7×高さ80.8×奥行き78.7mmで、重さは493g(単3形ニッケル水素充電池×4)/473g(単3形アルカリ電池×4)。