パナソニックは、無線LAN機能を搭載し、スマートフォンやネットサービスと連携して写真や動画を簡単に共有できるコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FX90」を、9月22日に発売する。カラーは、ブラックとレッドの2色。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

LUMIX DMC-FX90

 IEEE802.11b/g/nに対応した無線LAN機能を搭載し、タッチパネル操作で写真や動画を簡単にスマートフォンやPC、ブルーレイディスク(BD)/DVDレコーダー「ディーガ」へ転送することができる。また、パナソニックの写真共有サービス「PicMate」はもちろん、他社のSNSや各種ネットサービスに写真や動画(MP4形式)をアップロードできる。

 スマートフォンへの転送は「DMC-FX90」発売と同時に公開する専用アプリ「LUMIX LINK」(iOS/Android)を、PCへの転送には付属する「PHOTOfunSTUDIO 6.4HD Lite Edition with Wi-Fi」を使用する。

 F2.5、35mmフィルム換算で24~120mm相当の超薄型光学5倍の「ライカDC VARIO-SUMMARIT」ズームレンズを搭載。超解像技術でズーム域を拡大する「iAズーム」によって、最大6.5倍ズームになる。さらに、高速読み出しを実現した有効1210万画素のハイスピードCCDの搭載や、オンチップマイクロレンズの改善によって集光率が向上し、従来機種「DMC-FX70」と比較して感度が約25%アップした。

 動画撮影は、解像度1920×1080のフルハイビジョンAVCHD動画/MP4形式の撮影に対応。光学式と電子式の手ブレ補正で、広角端での歩き撮りのブレを抑える「アクティブモード」を搭載する。

 動画撮影中のズーム操作や、動画撮影中にタッチで静止画を作成したり、再生時に動画から静止画を切り出したりすることができる。動画の不要な場所を指定して削除する「動画分割」も可能。

 カメラが自動的にシーンを判別する「おまかせiA」機能は、静止画は「i人物」「iマクロ」「i風景」「i夜景」「i夜景&人物」「i赤ちゃん」「i夕焼け」「標準(動き認識)」の八つのシーンを、また動画は「i人物」「iマクロ」「i風景」「iローライト」「i通常動画」の五つのシーンを判別して、それぞれに最適な撮影モードに切り替える。

 対応メディアはSD/SDHC/SDXCカード。内蔵メモリは約70MB。サイズは幅102.2×高さ56.3×奥行き21.6mm、重さは約149g。