シャープは、スカパー!HDチューナーを搭載したブルーレイディスク(BD)レコーダー「AQUOSブルーレイ BD-W2000/BD-W1000/BD-W500」を、9月23日に発売する。

BD-W2000

 地上・BS・110度CSデジタルチューナー×2基に加え、スカパー!HDチューナーを内蔵。有料放送の「スカパー!HD」を契約すれば、100以上のハイビジョンチャンネルを視聴・録画できる。

 従来、「スカパー!HD」を視聴するには、別売のスカパー!HDチューナーをテレビに接続する必要があったが、レコーダー本体にチューナーを内蔵することで、面倒な機器同士の接続や初期設定を不要にした。「スカパー!HD」も、地デジなどと同じように番組表から録画予約することができ、地上・BS・110度CSデジタル放送の2番組同時録画、地上・BS・110度CSデジタル放送と「スカパー!HD」の3番組同時録画に対応する。

 また、業界で初めて無線LANアクセスポイント機能「Wi-Fiコネクト」を搭載。録画した番組の映像を、ホームネットワークに対応した液晶テレビ「AQUOS」やスマートフォン(AQUOS PHONE)、別売のネットワークアダプタ「VR-NP1」を接続した「AQUOS」にワイヤレスで直接送信できる。さらに「放送番組転送」に対応し、放送中の番組をワイヤレス送信して、ホームネットワーク対応機器で視聴することができる。

 3機種とも、HDD容量以外の基本的な機能は同じ。BDの大容量規格「BDXL」、「ブルーレイ3D」に対応し、最長約12倍の長時間フルハイビジョン録画ができる。価格はすべてオープン。実勢価格は、HDD容量2TBの「BD-W2000」が14万円前後、1TBの「BD-W1000」が11万円前後、500GBの「BD-W500」が9万円前後の見込み。