DNPソーシャルリンクは、8月8日、自宅の電力使用状況をチェックするスマートフォン向けアプリ「節電計」の無料配信を開始した。iPhoneとAndroidに対応し、iPhone版はアップルの運営する「App Store」で、Android版はグーグルの運営する「Androidマーケット」でダウンロードできる。

「節電計」のiPhone版のスクリーンショット

 過去の電気料金などを参考に、当月の目標電力使用量または電力削減率を設定。家庭の電気メーターを定期的にチェックして、月内の累計電力使用量を記録すると、アプリが設定目標に対する進捗状況を自動計算し、その時点での達成度を表示して利用者の節電意識を高める仕組み。電力使用量を目標と比較して、「目標に達するまでに当月内で許されるエアコンの使用余裕時間」など、具体的な情報を表示する。

 チェック時の達成度が高い場合は、節電のために工夫したことや改善した点、反省点などをTwitterに書き込んで、他のユーザーと共有することができる。

 同社が運営する参加型のお得なエコについて考えるサイト「eco・to・life いいこと生活」では、「節電計」利用者の電力使用量データを集約し、地域ごとの節電度合いの比較など、節電への取り組みを客観的に把握できる。

iPhone版をダウンロード(App Store)

Android版をダウンロード(Androidマーケット)