コクヨS&Tは、iPhoneなどスマートフォンの内蔵カメラで手書きのノートを撮影し、そのままデータ化できるスマートフォン対応ノート「CamiApp(キャミアップ)」シリーズを、9月7日に発売する。

「CamiApp」シリーズの使用イメージ

 「CamiApp」は、ノート中紙の各ページ端部に独自のアクションマーカー(3連空白部)を設け、アクションマーカーの塗りつぶしたパターン(計7種)ごとに情報管理項目として定義できるスマートフォン対応ノート。アナログ文具の使いやすさ・手軽さと、デジタル技術や各種クラウドサービスの拡張性・柔軟性を融合した「ネットステーショナリー」の第一弾アイテムとなる。

 使用方法は、無料の専用アプリ「CamiApp」を起動し、アクションマーカーとともに、ノートのページ全体を撮影。傾きや台形補正は自動で行い、データ化する。データは、重要な部分を囲み表示で強調するなど、ペン・図形・消しゴムツールを使って簡易な編集・加工を行うことができ、専用アプリから直接メールを送信したり、クラウドサービスにアップロードしたりできる。対応クラウドサービスは、当初はEvernote、Dropboxだけだが、随時追加していく予定。

タイプ・サイズが異なる計8種類をラインアップ

 ラインアップは、ツインリングノート4種(中横罫のB5・A5・A6、5mm方眼罫のA6)、ツインリングメモ(5mm方眼罫のA7)、ノートブック3種(無線とじ・中横罫のB5・A5・A6)の計8種類。中紙はミシン目のあるカットオフタイプで、表紙色は黒。価格は210円~441円。

 発売に先立ち、アップルが運営する「App Store」で、8月8日にiPhone専用アプリ「CamiApp」の配信を開始した。対応機種はiPhone 4/3GS。iPhone 3Gは非対応で、iPod touch、iPad 2は搭載カメラの性能不足のために画像撮影・補正機能が正常に動作しない場合がある。9月には、Android対応アプリの配信も開始する予定。