イー・アクセスは、国内初となるAndroid 3.2搭載タブレット「GALAPAGOS(A01SH)」を、イー・モバイル取扱店とイー・モバイルショップで8月下旬に発売する。

GALAPAGOS A01SH

 わずか約389gと軽く、片手で持てるスリムな本体に、解像度1024×600の7インチ液晶ディスプレイを搭載したシャープ製のタブレット端末。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANを搭載したWi-Fiモデルで、3G通信機能はないが、イー・モバイルのモバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi(GP02)」と組み合わせれば、外出先でもインターネットに接続できる。

 Android 3.2とデュアルコアCPU「NVIDIA Tegra 2」を搭載し、大画面でのアプリケーション操作と、静止画表示時約7.5時間、動画再生時約6時間の長時間バッテリ駆動を両立した。Gmailやブラウザなど、プリインストールするアプリのほか、Android マーケットから、Android向けアプリやゲームを自由にインストールして楽しめる。

 オートフォーカス・LEDフラッシュライトつきの約500万画素のリアカメラ、約200万画素のフロントカメラ、GPS、microSDHC/microSDメモリカードスロット、microHDMI出力端子などを搭載する。

 また、シャープ製液晶テレビ「AQUOS」やブルーレイディスク(BD)レコーダー「AQUOSブルーレイ」との連携機能を搭載し、HDMIケーブルで接続してタブレット画面のAQUOS画面への表示や、別途提供予定の「AQUOSリモート」アプリを使って、タブレットでチャンネル選択や番組検索などのリモコン操作ができる。さらに、TSUTAYA GALAPAGOSが運営する電子ブックストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」を利用することができる。

 サイズは幅約195.0×高さ約122.0×奥行約11.9~12.6mm、重さは、内蔵バッテリ込みで約389g。