マカフィーとインコム・ジャパンは、7月21日、個人向けセキュリティビジネスで業務提携したと発表した。マカフィーの個人向け製品やサービスをインストールできるプリペイドカードを、インコム・ジャパンのプリペイド関連技術を導入している全国の小売店で販売する。

 これまで、個人向けセキュリティ製品はパッケージ販売が主流だったが、インコム・ジャパンのプリペイド技術の導入によって、小売店はプリペイドカードだけを仕入れ、販売が成立した段階で、POSレジでカードを有効にできるようになる。

 これによって、仕入れや在庫リスク、管理負荷を避けることができ、紛失や盗難の恐れがなくなる。また、プリペイド技術を導入している流通各社に販売チャネルを拡大することができる。