レノボ・ジャパンは、オールインワンタイプのデスクトップPC「IdeaCentre B」シリーズに、21.5型「IdeaCentre B320」4モデルと、タッチパネルタイプの23型「IdeaCentre B520」2モデルを追加した。

IdeaCentre B320(左)とIdeaCentre B520

 「IdeaCentre B320」は、CPUにインテルCore i3-2100を搭載するモデルと、Core i5-2400sを搭載するモデルがあり、それぞれに地上デジタル放送対応テレビチューナー搭載/非搭載モデルを用意。テレビチューナー付きモデルが搭載するレノボ独自の「OneKey TV」は、PCとは独立して動作するので、PCの電源を入れなくてもテレビが視聴できる。

 サイズは幅534.0×高さ394.5×奥行き75.3mm、重さは約10kg(最大構成)。価格はオープンで、実勢価格はテレビチューナーなしのCore i3モデル(77601FJ)が6万5000円前後、テレビチューナーなしのCore i5モデル(77602LJ)が7万5000円前後、テレビチューナーありのCore i3モデル(77601HJ)が8万円前後、テレビチューナーありのCore i5モデル(77601JJ)が9万円前後の見込み。テレビチューナーなしの2モデルは7月8日に、テレビチューナーありの2モデルは8月12日に発売する。

 「IdeaCentre B520」は、CPUにインテルCore i7-2600を搭載するモデルと、Core i5-2310を搭載するモデルを用意。どちらも、地上/BS/CSデジタル対応のテレビチューナーや、高感度の超音波表面弾性波方式のマルチタッチ・スクリーン、ウェブカメラを搭載し、「SRS Premium Sound」による高品質なサウンド機能を備える。

 サイズは幅567.8×高さ426.7×奥行き76.5mm、重さは約10.1kg。価格はオープンで、実勢価格はCore i7モデル(77452EJ)が14万円前後、Core i5モデル(77452FJ)が12万円前後の見込み。8月12日に発売する。