東芝は、やタブレット端末、PCから液晶テレビ「レグザ」やブルーレイレコーダー「レグザブルーレイ」を操作するアプリケーション「レグザAppコネクト」の新アプリとして、PCからタグリストの作成などができるアプリ「RZタグラー for Windows/Mac」と、Android端末の画面をタッチしてリモコン操作する「RZアートリモコン(Android版)」を、6月21日に無償公開した。

RZタグラー for Windows/Mac

 「RZタグラー for Windows/Mac」は、PCならではの利便性を生かし、スマートフォン向けの「RZタグラー for iOS/Android」のタグリスト作成機能を大幅に強化。タグ名やチャプター名の一括取り込みや書き込みなどに対応する。

 録画番組のシーン頭出し情報や、シーンごとのコミュニティ機能「タグリストシェア」を利用できる。また、対応する「レグザ」やレコーダーをPCから操作する「ネットdeリモコン」機能や、PCのキーボードに割り当てられたリモコンキーで操作する「キーボードリモコン」機能を搭載する。「RZタグラー for Windows/Mac」の利用には、Adobe AIRランタイム2.5.1以上が必要。

 「RZアートリモコン」(Android版)は、画面上のイラストやグラフィックのさまざまな箇所に各種リモコンボタンを割り当て。楽しみながらテレビやレコーダーを操作するアプリ。テレビ視聴に特化したリモコンや、録画番組の操作に特化したリモコン、使用頻度の高い機能で構成したリモコンもある。最終的には20種類をリリースする予定で、今回はその第一弾として7種類をリリースした。一部のアプリでは「タグシェアリスト」も利用できる。

 6月21日時点での、「レグザAppsコネクト」対応機種は、テレビが「CELLレグザ」X2シリーズ/XE2シリーズ/「レグザ」ZG2シリーズ/Z2シリーズ/ZPシリーズ。レコーダーが「レグザブルーレイ」RD-X10/RD-BZ810/RD-BZ710/RD-BR610/「レグザハイビジョンレコーダー」RD-Z300。また、過去のモデルを含む「ネットdeナビ」搭載のRDシリーズに対応している。